[活動報告] 第1期・2日目「気炎万丈!」

募金 イマジーン
現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]
一般社団法人アカデミーキャンプ
 

    [活動報告] 第1期・2日目「気炎万丈!」


    都市型アカデミーキャンプ2日目。アカキャンの朝は早く、6:30起床のところ、何やら朝5時ごろから男子メンバーは起きていました。聞くとオリンピックを見ていたそうです。朝の集いは、恒例のキャンプソングに始まり、メンバーどうしの名前順や誕生日順で輪を作るゲームで交流を深めました。朝食を食べて、今日のプログラムに出発!



    午前中は、公立はこだて未来大学の大学生のみなさんによる「アニメ・デ・エデュケーション」。アニメを通じて、日本語のことわざを学んでいこう、というプログラムです。最初にメンバーたちも知らないことわざを学生の皆さんが作ったアニメを通じてお勉強。その後は、勉強したことわざを使って、自分たちでアニメーションを作る番です。ねんどで形を作って、それを少しずつ動かしてアニメーションをつくる「クレイ・アニメ」を、各班ごとに作っていきました。



    一生懸命勉強する人を作ったり、動物のキャラクターを作ったり、そしてキャンプリーダーもアニメに登場!「人の形を作って立てるのが難しかった!」というメンバーもいましたが、熱中して作った作品はどれも力作でした。ある班では「アニメで『気炎万丈』を表してみたけれど、気炎万丈だったのは僕たちだったね」と言っていたほど、チームワークで取り組みました。



    午後のプログラムは、宇宙と無重力の話。国際宇宙サービスの山崎大地さんによるワークショップです。ふだんは知ることのできない、スペースシャトルに乗って宇宙に行くまでの準備のお話を伺うことができました。メンバーの好奇心もどんどん高まって、質問コーナーでは「宇宙エレベーターってできるの?」「無重力で植物を育てると、根はどっちに伸びるの?」など、たくさんの質問があがりました。



    プログラム後半では、「シャボン玉って色がつくのかな?」という疑問をもとに、絵の具や墨汁でシャボン玉に色を付ける実験をしてみました。仮説を立てて、実際に実験して、分かったことをレポートにまとめます。「いろいろ考えるとむずかしい!」と言っていたメンバーも、どうして重力があるとシャボン玉に色が均等に着かないんだろう、といろいろな予測を立てていました。



    山崎さんは「実験は終わりません。ずっと探究し続けることが大切です」というメッセージを残してくださいました。実験で分かったことから次の疑問に発展させるメンバーもいるほど。どれもすばらしいレポートになりました。



    夕食を早めに食べて、夜はお待ちかねのプール!水着に着替えて、広々とした25mプールでおもいっきり泳ぎました。男子は、オリンピック競泳をまねて「25m×4メドレー」なる競技に挑戦!クロールだけでなくバタフライもとびだす白熱したメドレーリレーが繰り広げられました。一方、なかなか泳ぐのに慣れていない低学年のメンバーを、高学年のメンバーが教えたり、手を引っ張ったりして支えている姿も見られました。

    でも、一歩間違えると命に関わってしまうほど水は恐ろしいものです。今回は、メンバーどうし2人1組でバディーを組んで、水に入る時・水から出る時に、お互いのバディーを確認しあいました。メンバーもリーダーも水の中で思いっきり遊んだ1時間半。今夜はぐっすり眠れそうです。



    募金 イマジーンイマジーンTOPへ

    現在の募金額:12,105,209
      イマジーンTOPへ
    こんにちは、ゲストさん
    [ ログイン ]