★ケニア 干ばつ被害を受けた子ども支援

募金 イマジーン
現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]
NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
 

農村の自立支援

文通プログラム

キッズ・パワー募金

FTCJ募金

FTCJについて

団体概要

ページトップ

 
内容 干ばつ被害を受けた子どもへの栄養向上支援
地域 ケニア農村地域
募金プロジェクト名 農村の自立支援
目標額 100万円
支援内容
ケニヤの子ども

 ケニアをはじめとする東アフリカでは過去60年間で最悪の大規模な干ばつによって大きな打撃を受けています。国連からも緊急人道援助支援の指示が出されている深刻な状況です。大規模な干ばつの影響でたくさんの人々が栄養失調から苦しんでいます。フリー・ザ・チルドレン(FTC)がサポートしているケニアの学校だけでも6000人の子どもが栄養失調と診断され、さらに3500人以上の妊婦や母親、また5歳以下の子どもたちも深刻な飢餓に苦しんでいます。

 FTCは緊急の支援として食物や栄養剤を与えることと同時に、今回のような大きな自然災害にも少ない被害で自分たちの命を守っていけるように、持続可能な農業のワークショップや、耐乾性農作物について学ぶ機会通してケニアの強化を行っています。

ケースストーリー
フロリダ

 フロリダ・チェロティッチちゃんは、楽しいことが大好きな14歳の女の子です。ケニアのEmori Joiという大家族の多い街に住んでいます。フロリダちゃんは8歳から20歳の合計7人の兄弟姉妹がいます。両親は共に農業を営んでおり、他の兄弟姉妹と同じように、フロリダちゃんは学校に行く代わりに、両親の農業を手伝うように期待されていました。
 FTCがEmori Joiの地に建設した学校のおかげで、フロリダちゃんは人生で初めて教育を受けることができています。学校にいけるようになったフロリダちゃんは両親の農業のお手伝いを少ししながら、ほとんどの時間は学校で同じ年代の友達とともに様々な活動に参加することができています。
 フロリダちゃんは学校にいけることを本当に幸せに感じています。フロリダちゃんは友達と一緒に過ごす時間、また本を読むことが大好きです。家では両親の農家の手伝いをすることが一番好きだと言っています。勉強や家事以外の時間は友達と、バスケットボールやかくれんぼをして楽しみます。FTCのことについて聞かれたフロリダちゃんは、彼女の学校や家での生活がFTCのプロジェクトのおかげでどのように改善されたのかを感謝と喜びにあふれて話してくれました。

募金 イマジーンイマジーンTOPへ

現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]