★フィリピン ミンダナオの子ども達

募金 イマジーン
現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]
NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
 

農村の自立支援

文通プログラム

キッズ・パワー募金

FTCJ募金

FTCJについて

団体概要

ページトップ

 

ミンダナオ島先住民族コミュニティ支援

内容 フィリピン・ミンダナオ島先住民族コミュニティ支援
地域 フィリピン南部ミンダナオ島ダバオ・デル・ノルテ州
募金プロジェクト名 文通プロジェクト
目標額 年157万円
支援内容
ウダワド学校

 支援事業地域のフィリピン南部ミンダナオ島ダバオ・デル・ノルテ州ビナンシャン・バランガイに暮らす先住民族『ディババウォン族』コミュニティには、幼児3~5歳が約200人いますが幼児対象の教育施設が古くて壊れそうなため使うことができていません。また、小学校にも教室が足りないために幼児教育は行われていません。従って、フィリピンの義務教育の一環となった就学前教育が全く実施することができずにいます。

 やはり、子どもの権利条約の4つの柱である生存、発達、保護、参加の観点から包括的に子どもの権利を守るためには就学前教育の充実が重要であるという考えから、幼児教育のための教育施設(デイケアセンター)の建設を行うことを計画しています。

フィリピン・PREDA基金支援

内容 フィリピン・PREDA基金支援
地域 フィリピン・オロンガポ市
募金プロジェクト名 フェアトレード商品の販売を通して、支援しております。
詳しくはFTCJのHPをご覧ください。
支援内容
フェアトレード商品

 プレダ基金は、フィリピン・オロンガポ市にある子どものためのNGO。団体名のPREDAは、Peoples Recovery, Empowerment and Development Assistanceの略で、「人々の回復や発展の支援」という意味。この団体は、1974年、アイルランド人のシェイ・カレン神父とフィリピン人のヘルモソ夫妻によって設立され、「子どもや女性、貧困層の人々を守る」という使命を掲げて活動しています。

 プレダは、大きく分けて以下の3つの事業を行っています。
 1)子ども、女性、貧しい人々の権利を守るために法が正しく執行されるように働く。
 2)社会の中で弱い立場にある女性や子どもを、性的虐待や搾取から守る。
 3)フェアトレード(公正な取引)を奨励し、無利子での融資、技能訓練、市場への進 出機会を提供することで、生産者を支援する。

 具体的には、刑務所で不当な扱いを受けている男の子たちを救出し保護したり、「プレダ・子どもの家」では性的虐待を受けた子どもたちを保護し、子どもたちがもとの家庭に戻れるようセラピーやカウンセリングを行ったりしています。また、女性や子どもたちが性的搾取を受ける大きな要因が貧困であることから、プレダはフェアトレードという方法で地域の経済的自立を支援しています。生産者の立場を尊重しながら、技術、知識の提供や、少額ローンの融資などを通して、地域の特産物であるマンゴーやその他のトロピカルフルーツの生産を支援し、市場進出につなげています。

ケースストーリー

 マーリンさんは、3歳の時に父を亡くし、5歳の時にお母さんが再婚しました。最初は義理のお父さんもやさしくとても幸せな家族でした。でも、お父さんが仕事を失い、お酒におぼれ暴力を振るうようになり、ある日マーリンさんはその義父にレイプされたのです。彼女は助けを求め、お母さんにやっとの思いでそのことを話したのですが、お母さんは何度話をしても信じてくれませんでした。

 マーリンさんは、「誰もわかってくれない」と家を出てストリート(路上) に行きました。そこで売春の仲介人に出会い、騙されて外国人相手に体を売る仕事をさせられるようになりました。1996年のある日、9歳のマーリンさんはボラカイ島のリゾート地に連れて行かれ、ドイツ国籍とオーストリア国籍の成人男性に買春され性的虐待を受けたのです。その後、街の市長夫人がマーリンさんのことを不審に思い、警察に通報してくれたのがきっかけで、彼女はようやく助け出されました。

 彼女がプレダに救出されたのは、13歳のときでした。マーリンさんはプレダでセラピーを受け、徐々に心の傷を克服していきました。プレダから学校に通うようにもなりました。そして、フィリピンの少女が性的被害にあわないために自らの体験を話す活動家になりました。その頃、FTC創立者であるクレイグくん(当時15歳)がプレダを訪問し、マーリンさんは彼に「将来はソーシャルワーカーになりたい」と伝えました。その時の誓いを果たすべく、2009年2月から、ソーシャルワーカーとして働くためプレダに戻ってきたのです。そんなマーリンさんから日本のみんなへメッセージをいただいています。

 「いつもプレダの子どもたちを応援してくれて本当にありがとうございます!みなさんのようにプレダを思ってくれる方がいるので、私も回復し、学校に行けるようになりました。そして、今は夢だったソーシャルワーカーになることができ、夢が実現しました。プレダでのケアがなければ、今の私は存在しません。きっと、教育を受けることができず、早く結婚して子どもを産んで子どもに仕事をさせていたかもしれません。でも、プレダでのセラピーを受け、教育を受け、自分の自信を取り戻し、立ち上がることができました。本当にありがとうございました。もし、みなさんに夢があるなら、ぜひ、あきらめないでください。一緒に子どもたちが幸せに暮らせる社会をつくっていきましょう。」

募金 イマジーンイマジーンTOPへ

現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]