除去活動

募金 イマジーン
現在の募金額:12,160,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]
POM²
 
 
地NGOが行う、“経済復興のための”地雷除去。

 「ステッカーで地雷除去キャンペーン」の収益は、現地NGOを通じてタイでの地雷除去作業に使われています。このページでは、実際の地雷除去作業が誰によって、どこで、どのように行われているのかについての情報を掲載していきます。

なぜ地雷除去が必要なのか

除去された地雷

 戦争が終わってもその土地に残り続け、そこに住む人達の生活をおびやかすもの。それが地雷です。地雷が埋まっているかもしれないという恐怖がある間は、仮に地雷が埋まっていなくても、その土地は使えない土地と見なされます。そして地雷は誰かを傷つけるまで半永久的に地中に残り続けます。

 かつての紛争地域では、今でも遊んでいるだけで地雷の被害に遭う子どもがいます。30分に1人、どこかで誰かが地雷を踏んでいます。1日に地雷の被害に遭う半分が、家族の為に水を汲みに行ったり、農作業を手伝う子ども達です。

 地雷原を安全な生活空間として復活させるには「土地の浄化」が必要なのです。

地雷除去団体について

「その後の経済復興」に目を向けた、地雷除去支援団体「JAHDS」

JAHDS

 POM2は2006年まで、特定非営利活動法人「人道目的の地雷除去支援の会」(JAHDS、ジャッズ)に寄付をしていました。

 「JAHDS」とは、日本の企業が力を合わせ、タイとカンボジアの国境沿いに埋まる地雷の除去、地雷探知機の開発、地雷除去に伴う資機材の提供などを行った日本のNGOです。「その後の経済復興」に目を向けた地雷除去支援活動が特徴であり、ソニー、ホンダ、トヨタ、オムロンなど日本の有力企業がアイディア、資金、技術など様々な面で力を合わせ、“日本が誇るオールスター型NGO集団”とも言われました。

JAHDSの理念を引き継いだ、タイ人による地雷除去団体「PRO」

PRO

 2006年9月、タイ王国の遺跡「カオ・プラヴィーハン」地域での地雷除去事業を完了して、JAHDSはその使命を終え同年11月に解散しました。

 JAHDSのあとを引き継いだのが、現地NGOである「PRO(Peace Road Organization)です。2006年10月にタイ人によって設立され、「自分たちの土地は自らの手で」という考え方のもと、地雷除去活動に取り組んでいます。2007年には、PROの活動を1年間モニターしてきた在タイ日本国大使館によって、草の根・人間の安全保障無償資金協力「カオ・プラヴィーハン地域における不発弾および対人地雷除去支援計画」に約3,000万円の支援を受けるなど、着実に実績を重ねています。

 現在、「ステッカーで地雷除去キャンペーン」の収益は、PROに寄付しています。

Peace Road Organization Webサイト (タイ語, 一部英語)

合言葉は、ピース・ロード

Peace Roard

 「ピース・ロード」とは、“平和へと続く道”。JAHDSは、これを合言葉に地雷除去プロジェクトを行いました。戦争により失われた多くの命への鎮魂の想いとともに、改めて平和の尊さを学び、その想いを次世代へ繋いでいかなければならない――この合言葉には、そんな思いがこめられています。

 PROの名前は、このJAHDSの合言葉に由来しています。地雷除去技術やプロジェクトのノウハウはもちろん、地雷除去や平和に対する思いもJAHDSから受け継がれているのです。

募金 イマジーンイマジーンTOPへ

現在の募金額:12,160,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]