ベナンの子どもを幼稚園に入れよう! アフリカ寄付/募金プロジェクト:募金&寄付

募金 イマジーン
現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]
飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールド
 
ハンガー・フリー・ワールドの募金/寄付  

②ベナン支援レポート
幼稚園事業:2006年10月~

住民と一緒に幼稚園を建設

奴隷貿易の暗い歴史の印象が強いものの、現在では
アフリカの民主化のお手本ともいわれているベナン。
人口8,000人のベト村には小学校が1校しかなく
最も近い医療施設でも9km以上離れていました。
そこで、2006年3月から建設作業が続けられてきた
幼稚園がついに完成。
ベト村の住民達が、農作業が忙しい雨期でも朝早く起き、
畑に出る前に、学校建設のために水汲みをしたり砂を運んだりと、
一丸となって作業に取り組んできた成果です。
2006年10月には、村の代表者や郡庁関係者など150名以上を集めた開園式が盛大に行われました。

住民たちの力を集めて、
建設に取り組んできました

学びの大切さを広め、児童労働を防ぐ

今回建設されたのは1棟3教室。開園された幼稚園には、
現在3~5歳の子どもたち86名が通っています。
ベト村には小学校が1校しかありません。
学校に通う機会が限られている子どもたちに、
幼い頃から教育の場を提供することは、
親や地域に教育の大切さを理解してもらい、
児童労働を防ぐことにつながります。

幼稚園の授業風景

先生たちへの研修も欠かさない

日常生活の中で生かせるような独自のカリキュラムを作成します。
また、新しく雇われた先生が子どもたちの表現力を
育てる授業を実施できるよう、
先生への研修を継続的に提供していきます。

この幼稚園は、2005年度の連合の愛のカンパ、
情報労連の組合員の方々から寄せられた書き損じハガキによる資金によって建設が実現しました。

手洗い指導を受ける幼稚園児たち

ベナンからのメッセージ

~子どもたちに大きなチャンスが与えられました!~

ベト村村長

「早くから教育を受け、特にフランス語を学ぶ機会があることは、
 子どもたちが成長したときに大きなチャンスに繋がることでしょう。
 HFWのみなさんにとても感謝しています」

Q. 世界は豊かになって、飢餓は減ったの?
A. いいえ。飢餓人口は増え続け、

まもなく10億人を突破します。

ハンガーレポート

~「飢える世界2009」~

新興国の発展がめざましい今日、一見、
世界は豊かになったように見えますが、
飢餓人口は再び増加に転じており、
ここ2年間で約1億5,000万人増加しました。

原因は金融危機食糧価格の高騰
現在、世界の飢餓人口は10億人とも言われており、
多くの人々が援助を必要としています。

[参考]WFP世界の飢餓状況

ハンガー・フリー・ワールドの
「自立支援プロジェクト」とは?

1食10円分の気持ち
から始められる、
1口1,000円の
募金プロジェクトです。
(1食10円×3食×1ヶ月≒1,000円)

いただいたご支援は、
国際協力NGO
ハンガー・フリー・ワールドが

①バングラデシュ、 ②ベナン、
③ウガンダ、 ④ブルキナファソ

にて行う、
貧しい人々の
自立を目的とした
栄養改善事業に活用されます。

DATA 栄養不良の子ども※ 平均寿命
バングラデシュ 2人に1人 63歳
ウガンダ 4人に1人 48歳
ベナン 4人に1人 54歳
ブルキナファソ 5人に2人 48歳

※年齢相応の体重が標準以下の5歳未満児
データ「世界子供白書2004、2006」ユニセフ

8円 …学校給食1食分(バングラデシュ)

豆や野菜のたっぷり入った混ぜご飯は、子どもたちの大好物。
栄養状態が向上するだけではなく、
授業への集中力も増して成績UPが期待できます。


お粥1杯(ブルキナファソ)… 45円

地元で調達できる食材を使った、
赤ちゃんのための栄養粥を提供しています。
とうもろこし、あわ、米などの穀物を主体に、魚の燻製や
スンバラ(発酵させた木の実)を混ぜてつくります。


360円 …ニワトリ1羽(ウガンダ)

ウガンダでは、5歳未満の子ども4人に1人が年齢相応の体重に
達していません。各家庭に病気に強い地鶏を配布することで、
卵や鶏肉を食べられるようになり、栄養状態が改善されます。
また卵や鶏肉を売ることで収入を得ることもできます。

募金 イマジーンイマジーンTOPへ

現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]