ベナンの子どもたちを栄養不良から守る! アフリカ 寄付/募金プロジェクト:募金&寄付

募金 イマジーン
現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]
飢餓のない世界を創る国際協力NGO ハンガー・フリー・ワールド
 
ハンガー・フリー・ワールドの募金/寄付  

②ベナン支援レポート
母子栄養調査:2007年6月~10月

子どもの約16%が危険な状態

ベト村で保健衛生・栄養改善の分野で事業を進めていくため
、 2007年6月に栄養基礎調査を行いました。
調査チームには、医師や看護士、統計家などの専門家
にくわえ、HFWが運営する幼稚園と識字教室の先生、
中学校の保護者会、若者の代表なども参加。
住民自身に調査段階から関わってもらうことで、
調査結果を今後の事業に生かす
ことが狙いです。

ベト村と周辺地域に暮らす5歳未満児と母親962人を対象に、
健康・栄養状態、保健施設の有無などの社会環境、
収入・衛生状態などの家庭環境を調査。
その結果、
地域の子どもの15.6%が危惧すべき栄養不良状態にあることが判りました。
こうした栄養不良を慢性化させている原因として、
2つの要素が見えてきました。

調査段階から住民自身が参加し、
結果を今後の事業に生かしていく

栄養不良の子ども

少ない食事と遠い医療

一つは食料事情。調査から、子どもたちの多くが
母親と同じお皿からご飯を食べていることがわかりました。
また、母親の5人に3人は1日1食しか食べていないため、
1日1回の食事では、
子どもたち成長に必要な栄養を十分に得られず、
慢性的な栄養不良の母親が育てている子どもの
60%以上が低体重児でした。

もう一つの原因は、医療を受けにくい環境にあるということです。
調査対象の子どもの5人に1人は
調査前1週間以内に下痢の症状を訴えていましたが、
保健施設で治療を受けた子どもは1人もおらず、
さらに約半数は予防接種を受けていませんでした。
村から一番近い公共医療施設でも8~9km離れており、
医者にかかることが簡単ではない状況も、
栄養不良を慢性化させる大きな原因となっているようです。

同じお皿からご飯を食べる子どもたち

食糧不足が原因ではない!?

ベト村全体としては、
食べ物が足りないわけではありません。
しかし、調査の結果、
必要な時期に必要な栄養を取っていない人が多い
ことが明らかになりました。
伝統的に男性が先に食事をとる文化があるベナン。
子どもたちが健康に成長していくためには、
母親と子どもたちが、
必要な栄養を適切なタイミングでとることが不可欠です。
今後、医療施設の整備にくわえ、識字教室や学校、幼稚園を通し、
住民に対して栄養の知識や衛生管理などの
啓発を強化していく必要性が浮き彫りになりました。

女性や子どもの権利についてみんなで話し合う。

ベナンからのメッセージ

忘れられていく農村部の現実に驚きました

アルフレッド・アカポ医師 (調査チームリーダー)

私はベナンのほかに、マリやニジェールなどの西アフリカの国々で、
子どもたちの栄養状態に関する調査に関わってきました。
しかし、ベナン最大の都市にこんなに近い地域、
しかも農作物が豊富にとれる農村で、
たくさんの子どもたちが栄養不良状態にあることに、とても驚きました。
都市部が発展する一方で、
すぐ近くの農村部の貧困層が忘れられていく
現実があることを再認識しました。
今後は、ベト村の人たちがより健康に暮らせるよう、
HFWが行うプログラムにできる限り協力したいと思います。

Q. 世界は豊かになって、飢餓は減ったの?
A. いいえ。飢餓人口は増え続け、

まもなく10億人を突破します。

ハンガーレポート

~「飢える世界2009」~

新興国の発展がめざましい今日、一見、
世界は豊かになったように見えますが、
飢餓人口は再び増加に転じており、
ここ2年間で約1億5,000万人増加しました。

原因は金融危機食糧価格の高騰
現在、世界の飢餓人口は10億人とも言われており、
多くの人々が援助を必要としています。

[参考]WFP世界の飢餓状況

ハンガー・フリー・ワールドの
「自立支援プロジェクト」とは?

1食10円分の気持ち
から始められる、
1口1,000円の
募金プロジェクトです。
(1食10円×3食×1ヶ月≒1,000円)

いただいたご支援は、
国際協力NGO
ハンガー・フリー・ワールドが

①バングラデシュ、 ②ベナン、
③ウガンダ、 ④ブルキナファソ

にて行う、
貧しい人々の
自立を目的とした
栄養改善事業に活用されます。

DATA 栄養不良の子ども※ 平均寿命
バングラデシュ 2人に1人 63歳
ウガンダ 4人に1人 48歳
ベナン 4人に1人 54歳
ブルキナファソ 5人に2人 48歳

※年齢相応の体重が標準以下の5歳未満児
データ「世界子供白書2004、2006」ユニセフ

8円 …学校給食1食分(バングラデシュ)

豆や野菜のたっぷり入った混ぜご飯は、子どもたちの大好物。
栄養状態が向上するだけではなく、
授業への集中力も増して成績UPが期待できます。


お粥1杯(ブルキナファソ)… 45円

地元で調達できる食材を使った、
赤ちゃんのための栄養粥を提供しています。
とうもろこし、あわ、米などの穀物を主体に、魚の燻製や
スンバラ(発酵させた木の実)を混ぜてつくります。


360円 …ニワトリ1羽(ウガンダ)

ウガンダでは、5歳未満の子ども4人に1人が年齢相応の体重に
達していません。各家庭に病気に強い地鶏を配布することで、
卵や鶏肉を食べられるようになり、栄養状態が改善されます。
また卵や鶏肉を売ることで収入を得ることもできます。

募金 イマジーンイマジーンTOPへ

現在の募金額:12,105,209
  イマジーンTOPへ
こんにちは、ゲストさん
[ ログイン ]